ものづくりの小道具係

小さなものから大きなものまで調達するホクショー商事のブログです

【ベアリングが必要とする○○○とは】

いよいよ北陸にも桜の足音が聞こえてまいりました。
楽しみなのは桜か酒か。。。小道具係りです。

本日はベアリングのお話ですが、その前に・・・

私の趣味のひとつに”落語”がございます。
東京出張の際、翌日が休日ともなると足を運んで寄席を楽しみます。

好きな噺に『子は、”かすがい”なんて申しまして。。』
と始まる『子は”かすがい”』なんていう噺がございます。

※かすがい:2本の材木をつなぎとめるホチキス針のようなもの

簡単に説明しますとこんな内容です。
-------------------------------------------

腕はいいが飲んだくれの熊さん。
飲んで3日間家に帰らず、4日目に帰ったとき

女房が仕事をしています。黙って。
ばつ悪く、言い訳を繰り返すが女房はだんまり。

調子に乗った熊さん、言わなくてもいい事まで・・・
ついに堪忍袋の緒が切れた女房、

せがれの亀坊を連れ、出て行くことに。
独りになった熊さん、それをいい事にやりたい放題。

しかし、そんな日々が続くわけもなく。
一方、出て行った女房は借家で細々内職仕事。


ある日、亀坊がいじめられていると後ろから男の姿が。
綺麗な着物を着た熊の姿。

あれから自分が嫌になり、好きな酒も一切やめ
もともと腕がいい熊さん、お得意さんも増え商売も右肩上がり

それでも思い出すことは分かれた女房と倅のことばかり。
そこへ偶然にも親子、涙の再会。

熊さん、倅に50銭のお駄賃を渡し、女房の様子を聞きだす
嬉しい事に、元女房は自分を思い切ってないことを知る。

喜ぶも、面目だ立たず、その代わり
亀坊を明日鰻を食わしてやると約束を。

一方その亀坊、もらった50銭が内職をする母に見つかり
問い詰められて、ついに白状。

こちらも元亭主が立派になり嬉しさこみ上げるも
よりを戻すは、はばかられる。

変わりに翌日亀坊に晴れ着を着せ送り出すも
どうも居ても立ってもいられない。つい鰻屋の店先へ。。。

ついに元夫婦、倅のおかげで再会。心を入れ替えて
仕事も順調な熊さん、元女房に「もう1回所帯を持ってもらう事は・・」

元女房、快く受け入れる。
喜ぶ熊さん「子は”かすがい”とは言うが本当だな」

これで、子供のおかげで夫婦は元の鞘へ納まる。

-------------------------------------------

子が夫婦の仲を再び結びつけるという噺。

考えてみるとベアリングもリングとボールがスムーズに
回転しないときは摩擦がおき、ベアリングが壊れてしまいます。

そんな時、必要となるのが”潤滑油”という存在。
リング(熊さん)とボール(女房)の摩擦は潤滑油(倅)で元通りに。

お後がよろしいようで。


---ベアリングのことなら---------------------------------------
      ホクショー商事

〒920-0059 石川県金沢市示野町イ6番地
(TEL) 076-267-3115
(自社URL) http://www.hokusho-shouji.co.jp/

ホクショー商事 ヤフー機械要素店
(URL) http://store.shopping.yahoo.co.jp/hokusho-shouji/
メールアドレス: hokusho_shouji@yahoo.co.jp

MEX金沢2015 出展ブース 三号館 No.68

------------------------------------------------------------------------